債務整理をした場合、保証人はどんな影響を受けるの?

借金をするときに、家族やご友人に保証人になってもらうことがあると思います。
今回は、債務整理をした場合に保証人にどのような影響が出てくるのかについて書こうと思います。

Q.保証人ってなんですか。
A.保証人とは、お金を借りた人(主債務者といいます。)が借金を返済出来なくなった場合に、債務者に代わって借金の返済を行うと約束した人のことです。

Q.保証人と連帯保証人との違いはなんですか。
A.保証人と連帯保証人では、連帯保証人の方が責任が重くなります。
保証人は、債権者(お金を貸している人)から「お金を返して下さい。」と請求された場合、「ちょっと待って下さい。お金を貸した本人にちゃんと請求しましたか?まだ請求していないなら先に本人に請求して下さい。本人にはお金を返せるだけの財産がありますから」というように債権者に対抗することができるのです。
これに対して、連帯保証人になると債権者の請求に対してまず主債務者に請求するよう対抗することができないようになっています。

Q.では、保証人が付いている債務を整理すると保証人に請求がいくのですか。
A.保証人でも連帯保証人でも「債務者に代わって債務の返済を行うと約束した人」であることには違いありません。
そのため、主債務者が債務整理を行った場合は、保証人も連帯保証人も債権者から残りの返済額を請求されるなどの影響を受ける可能性があります。

Q.自己破産をすると借金がチャラになるということですが、この場合、保証人の責任はどうなるのですか。
A.自己破産が認められ、借金がチャラになるのはあくまで主債務者だけです。
債権者は本来債務者が支払うはずだった金額を保証人に請求できます。

Q.親に保証になってもらっている借金があります。親にだけは迷惑を掛けたくないのですが…
A.保証人に一切の迷惑をかけたくないという場合は、任意整理を行って保証人付き債務を整理の対象から除外する方法があります。除外した債務は減額されませんが、それ以外の債務を整理すれば、その分を保証人付き債務の返済に充てることができるでしょう。保証人付き債務の金額が小さい場合、債務者に返済の余力がある場合はこれが望ましい方法です。

Q.保証人に迷惑を掛けたくない気持ちはあるのですが、保証人付きの借金の額が大きく、これを除外して任意整理というのは難しいです。
A.その場合は、保証人も連名で任意整理を行えば、保証人が代わりに返済を請求される心配がなくなります。主債務者が、債権者との合意通りにきちんと返済すれば、保証人に支払い義務は発生しません。ただし、連名で任意整理を行うと、保証人についても信用情報機関に登録される(ブラックリストに載る)ことは避けられないので注意が必要です。

このように、債務整理を行うことによって、保証人にも影響が出てくることになります。
保証人との人間関係ももちろん大事ですが、借金を整理して生活を立て直すことも大事なことです。
どちらにしても、保証人の方とよく話し合って、一番最適な債務整理の方法を選ぶようにしましょう。

お問い合わせ・ご相談はこちら

トップページへ

関連記事

  1. 相続物件に抵当権が残って入る場合の対処法
  2. 法律で定められている相続分について②
  3. 亡くなった人が借金を抱えていた場合、相続人は支払う義務があるの?…
  4. 相続人の中に外国籍の人がいる場合、また、亡くなった方が外国籍の場…
  5. 財産と負債のどちらが多いのかがはっきりしない場合どうすればいい?…
  6. 遺留分減殺請求を行う方法と手順①
  7. リボ払いの返済が終わらない!
  8. 借金の時効成立を狙うのは難しい?①

Twitter

PAGE TOP