相続放棄って何?

今まで、財産を持っていた方が亡くなり、それを相続人が引き継ぐというお話をしてきました。
しかし、亡くなった方が財産を残してくれる場合ばかりではありません。
例えば、親が多額の借金を残したまま亡くなる場合もあります。
この場合、相続人だからといって親の借金を肩代わりする必要があるのでしょうか。
今日は、親が借金を残して亡くなったけど、代わりに払うのは負担が大きすぎるという場合の解決方法についてお話させて頂きます。

Q.親が借金を残した場合、相続人は支払う義務があるのですか。
A.相続人は、被相続人(亡くなった方)の財産も全て引き継ぎますが、借金も全て引き継ぎます。
ですので、何も手続きを採らない限り、親が借金を残した場合、相続人である子供は借金を支払う義務があります。

Q.借金を払う経済的余裕がありません。その場合に何か方法はないですか。
A.相続放棄という手続きをを採ることによって、借金の負担から逃れることが出来ます。

Q.相続放棄手続きとは具体的にどのような手続きですか。
A.家庭裁判所に申述書と、亡くなられた方の戸籍、相続人の戸籍、亡くなられた方の住民票の除票などを添付して申述します。

Q.相続放棄手続きはいつまでにしなければいけませんか。
A.法律上、相続が開始したことを知った時及び自分が相続人になったことを知った時から3か月以内にしなければならないとされています。
家庭裁判所に相続放棄の申述をすることによって、はじめから相続人ではなかったことにしてもらえます。

Q.親は借金を残しましたが、他に財産もあります。借金を相続放棄しても財産を相続することは出来ますか。
A.出来ません。
相続放棄をすると、不動産や預金などの相続財産が他にあれば、それらもすべて相続することができなくなるので注意が必要です。
ですので、財産は相続して、借金だけ相続放棄するということはできません。

Q.相続放棄をする上で注意する点はありますか。
A. 相続放棄をしようと思ったら、相続財産に一切手を付けてはいけません。
なぜなら、相続放棄をするということは、初めから相続人でなくなる、すなわち亡くなった方の相続財産に対しては赤の他人になるということだからです。
相続財産に手をつけてしまったら(例えば、預貯金を一部降ろして、使ってしまった場合など)、のちに亡くなった方の債権者から訴えられて、せっかくの相続放棄の許可が無効になってしまう場合があります。

Q.父親が亡くなって、相続人は子供である私と母親だけなので私と母親が放棄すれば安心ですね。
A.一安心...と言いたいところですが、まだ安心は出来ません。
相続には順位があり、第一順位の相続人(今回でしたら、お母様とお子様)が相続放棄をした場合、第二順位の相続人に相続権が移ります。
第二順位の相続人は、被相続人の親です。そして、第三順位の相続人は、被相続人の兄弟姉妹になります。
例えば、第二順位の被相続人であるお父様の親が既に亡くなられていて、他に親族がお父様のお兄様である叔父様だけの場合、その叔父様も相続放棄の手続きをしていただく必要があります。
ここまで来て、ようやく安心出来るというわけです。

このように、親が多額の借金を残して亡くなった場合、相続放棄をする前に、相続財産をよく調査して本当に財産よりも借金のほうが多いか調べておきましょう。
また、後でトラブルにならないように、相続放棄をする際には、そのことを叔父様にも伝えて理解を得た上で協力して頂きましょう。
亡くなられた方が残された借金を放棄することに抵抗がある方もいらっしゃると思います。
しかし、相続人には相続人の人生があります。
その相続人自身の人生を守る制度が相続放棄の制度です。
まずは、ご自身の生活を守ることを考え、相続放棄の制度を利用してみてはいかがでしょうか。

お問い合わせ・ご相談はこちら

トップページへ

関連記事

  1. 任意整理って何?①
  2. 借金の時効成立を狙うのは難しい?①
  3. エステや語学学校のサービスをやめたい!①
  4. 日本人でも海外に住んでいる場合の不動産売買はどうすればいい?
  5. リボ払いの返済が終わらない!
  6. 遺言書がある場合はどうすればいい?①(自筆証書遺言がある場合)
  7. 相続登記必要書類に有効期限はあるの?
  8. 行方不明の相続人がいる場合はどうすればいい?

Twitter

PAGE TOP