相続手続きの流れについて

これまで、相続についての様々な疑問にお答えしてまいりました。
そこで、今日は相続手続きの流れについてまとめてみようと思います。

①相続の発生
相続は、どなたかが亡くなられることにより発生します。
これまで主に不動産の名義変更についてお話してきましたが、不動産以外にも、預貯金・株式・生命保険・年金・電気・水道・ガス・自動車等数多くの手続きが必要になります。

②遺言書の有無の確認
遺言書有無によって、相続財産を取得する人や相続登記手続き、必要書類がかなり違ってきます。徹底的に自宅を探しましょう。
公正証書遺言があるかどうかを調べる場合は、公証役場で公正証書遺言検索システムを利用すると便利です。
自筆証書遺言がある場合、遺言書検認の手続きを行います。
(自筆証書遺言についてはこちら、公正証書遺言についてはこちら

③相続人の調査・確定
遺言書がない場合、亡くなられた方の出生から死亡までの戸籍謄本等の書類をもれなく集めます。
これによって、相続人を確定することになります。

④相続財産の調査・確定
相続財産が多い場合には、死亡後10カ月以内に相続税の申告が必要です。
逆に相続債務が多い場合、相続発生後3か月以内に家庭裁判所に相続放棄の申述をすれば、債務を引き継がなくてすみます。相続財産や債務がどれだけあるのか早めに確定しましょう。
(相続放棄については、こちら

⑤遺産分割協議
誰がどの財産をどれだけ相続するのか、相続人全員で協議を行います。
相続人に未成年者がいる場合には特別代理人を、行方不明者がいる場合には、相続財産管理人をそれぞれ選任する必要があります。

⑥不動産や預貯金の名義変更
土地、建物等の不動産の名義変更を管轄の法務局に申請します。
また、預貯金の名義変更を金融機関に申請します。
(不動産の名義変更については、こちら

以上が、相続手続きの流れになります。
当事務所では、トータルでサポートしますのでお気軽にご相談下さい。

お問い合わせ・ご相談はこちら

トップページへ

関連記事

  1. 相続登記必要書類に有効期限はあるの?
  2. 債務整理をしてもクレジットカードは使える?
  3. 相続放棄って何?
  4. 亡くなった人が借金を抱えていた場合、相続人は支払う義務があるの?…
  5. 行方不明の相続人がいる場合はどうすればいい?
  6. 遺留分減殺請求を行う方法と手順①
  7. 債務整理って何?
  8. エステや語学学校のサービスをやめたい!①

Twitter

PAGE TOP