債務整理をしてもクレジットカードは使える?

債務整理をしたいけど、どうしてもネットショッピングなどでクレジットカードが必要なんだけどな…
債務整理をしたらやっぱりクレジットカードを持つことはあきらめないといけない?なんとかする方法はないの?
以前のQ&Aでもお答えしたとおり、債務整理後、通常はクレジットカードの審査に通ることはありません。
でも、どうしてもカードを使わなければならない時もありますよね。
ここでは、特に任意整理についての対処法を3つ説明します。

Q. ネットショッピングなどで支払い方法がカード払いしか選べないのですが、任意整理をしてしまったのでカードを作ることはできないのでしょうか。
A . ネットショッピングなどで支払い方法がカード払いしか選べない場合、デビットカードを作るという手段があります。
デビットカードは、審査がいらないので、債務整理後もつくることができます。
なぜなら、銀行口座に残高がなければ利用することができないカードだからです。

Q.デビットカードではなくて、クレジットカードを持つことはやっぱり無理でしょうか。
A .その場合は、家族カードを持つことは可能です。
 夫が債務整理をしても、妻がローンやクレジットの審査に落ちてしまうことは、基本的にありません。
債務整理の手続きをすることによって記録される事故情報は、あくまでその個人に関するものです。そのため、夫が債務整理をして信用を失ったとしても、それは妻には影響しません。
妻は自分の名義でローンやクレジットカードを利用することが可能です。
さらに、債務整理をした夫も妻名義の家族カードを使うことができます。
なぜなら、この家族カードはあくまで「妻の信用」に基づいて発行されているからです。
債務整理をしたかどうかや、ブラックリストに載っているかどうかといった、夫の返済能力は問題になりません。妻に信用があれば、妻は自分名義のカードを作って、夫に家族カードを渡すことができるのです。
 このように、ご自身の名義ではなくご家族の名義でクレジットカードを持つことはできます。

Q.では、自分の名義でクレジットカードを持つことはできないということですね。
A .債務整理をしても、一生自分名義でカードを作れないというわけではありません。
任意整理をしても、その情報は手続き後5年ほどで消されるので、5年が経過するとクレジットカードをもう一度作ることができます。
今すぐ使いたい場合はデビットカードで代用し、急ぐものでなければ数年待ちましょう。
なお上で述べた通り、債務整理の種類によってクレジットカードの利用停止期間は異なります。自己破産や個人再生の場合は10年ほど待つ必要があるでしょう。
ただし、クレジットカードの審査が通るかどうかは個人差があるので、弁護士や司法書士に相談してみることをおすすめします。

①このように、債務整理をするとクレジットカードを新しく作ったり更新したりすることは難しい。
②ただし、利用できない期間は5~10年ほどと限られているので、デビットカード・家族カードを代わりに使用できる。
ということになります。

債務整理をしたいけど、クレジットカードを使いたいとお悩みの方は、債務整理のプロである弁護士や司法書士に相談しましょう。

お問い合わせ・ご相談はこちら

トップページへ

関連記事

  1. 法律で定められている相続分について②
  2. 遺言書がある場合どうすればいい?②(公正証書遺言がある場合)
  3. 消費者金融からの借金が時効で消滅するタイミングって?
  4. 任意整理って何?②
  5. 生活保護と自己破産の関係について
  6. 債務整理って何?
  7. 法律で定められている相続分について①
  8. エステや語学学校のサービスをやめたい!①

Twitter

PAGE TOP