法律で定められている相続分について②

前回、法定相続人の取り分についての概要を説明しました。
今回は、第一順位から第三順位までの法定相続人についての詳しい説明をしていきたいと思います。

Q. 血族相続人第一順位は誰ですか。
A. 被相続人の子は法定相続人の第一順位(民法887条1項)として数えられ、胎児(886条)や認知した非嫡出子、養子縁組をした養子なども相続権を有するとされています。第一順位の相続人が1人でも存在する場合には、次の順位の相続人に相続権は与えられません。
子どもが複数いる場合には第一順位の権利を等分して分け合うことになりますが、血縁の有無や年齢などによる差別はなく、全員が等しい割合で相続権を獲得します。
例えば相続が発生した際に、まだ生まれていない胎児と、既に産まれている子と、被相続人の生前に養子縁組した養子の3人がいる場合には、第一順位の血族相続人が3人=それぞれ3分の1ずつ相続権を獲得するということになります。
また、被相続人の子が被相続人よりも前に死亡したなどの理由で相続権を失っている場合に、その子にさらに子どもがいた場合には、この子ども(被相続人の孫)が相続権を失った子の権利を承継し、代わりに相続をするという代襲相続が発生します。
代襲相続が発生する場合には、この代襲相続人も第一順位の相続人として数えられることになるので、第二順位以下の相続人に相続権が与えられることはありません。

Q. 血族相続人第二順位は誰ですか。
A. 被相続人の父母や祖父母などの直系尊属は、第二順位の血族相続人とされており、第一順位の相続人がいない場合に初めて相続権を獲得します(民法889条1項1号)。
このとき、被相続人の父母も祖父母も健在であるような場合には、被相続人により親等の近い父母の代だけが相続人となり、祖父母には相続権がありません。
また、ここでいう直系尊属には、実親のほか養親も含まれることになります(ただし、特別養子縁組の場合には養親のみが直系尊属にあたります)が、直系尊属に関しては代襲相続の権利はありません。

Q. 血族相続人第三順位は誰ですか。
A.被相続人の兄弟姉妹は、被相続人に直系卑属・直系尊属がいない場合に初めて相続権を獲得します(民法889条1項2号)。

このとき、被相続人の配偶者の兄弟など義理の兄弟姉妹には、原則として相続権がありません。また、兄弟姉妹は直近1代に限って代襲相続が認められており、被相続人の甥姪までは相続人になる可能性がありますが、半血の兄弟姉妹(異母・異父の兄弟姉妹)に関しては相続分が少なく設定されています。

以上が法律上定められた相続人の取り分になります。
ただし、遺産分割協議が成立した場合は、上記の取り分に関わらず協議にしたがった取り分になります。
あくまで遺産分割協議を行わなかった場合の取り分となりますので、ご注意ください。

お問い合わせ・ご相談はこちら

トップページへ

関連記事

  1. リボ払いの返済が終わらない!
  2. 生活保護と自己破産の関係について
  3. 任意整理って何?②
  4. 自己破産って何?
  5. 相続放棄って何?
  6. 日本人でも海外に住んでいる場合の不動産売買はどうすればいい?
  7. 債務整理をした場合、保証人はどんな影響を受けるの?
  8. エステや語学学校のサービスをやめたい!①

Twitter

PAGE TOP