法定相続人に関するよくある疑問

以前に法定相続人の基本的な知識についての記事(法律で定められている相続分について①法律で定められている相続分について②)を書きましたが、誰が法定相続人に該当するかは相続によって違ってきますので、様々な疑問が浮かぶかと思います。
ここでは、法定相続人にまつわる疑問を一気に解決すべく、よくある質問とその答えをご紹介いたします。

Q. 養子は法定相続人になれますか?
A. 被相続人が生きている間に養子縁組をした場合、その養子は被相続人の子として血族相続人第一順位に数えられることになります。
相続では、実子と養子で相続分に差はなく、また養子の人数にも制限はありません(※相続税法上では控除の人数計算の際に制限があります)。
さらに、普通養子縁組の場合は、養子と実親の法定血族関係は切れないことから、養子は養親・実親双方の相続権を有することになります。逆に、特別養子縁組の養子の場合は法律上養親の実子として扱われることから、養親の相続権はありますが実親の相続権はありません。
なお、被相続人の生前に養子縁組をしていない連れ子に関しては、法定相続人になれませんのでご注意ください。

Q. 前妻や前夫は法定相続人になれますか?
A. 前妻や前夫など既に離婚が成立した元配偶者は、原則として法定相続人になりません。
例外的に、離婚後同じ相手と再婚が成立し婚姻関係が継続している場合には、死亡当時の配偶者に該当し配偶者相続人となりますが、それ以外の場合(例えば離婚後事実婚状態にあったなど)では配偶者としての相続権は一切付与されません。
なお、別居や離婚調停中など婚姻関係が明らかに破綻していた場合でも、法律上婚姻関係が継続している場合には、片方が死亡した際に残された他方配偶者は配偶者相続人になります。
このとき、残された配偶者に既に恋人がいたり、新たなパートナーと事実婚状態であったなどの事情があっても、相続権には影響を及ぼしませんし、死亡した配偶者に他のパートナーなどがいても、このパートナーは保護されませんのでご注意ください。

Q. 前妻や前夫の子は相続人になれる?
A. 子どもの相続権は、被相続人との関係性でその有無が決まります。つまり、亡くなった方の前妻や前夫の子が実子であれば、現在の親権の所在にかかわらず、その子には相続権が付与されます。
しかし、あなたの配偶者が亡くなった場合のあなたの連れ子の相続権という意味では、被相続人との養子縁組の有無によって相続権の有無も決定され、被相続人の生前に養子縁組をしていた場合には血族相続人となりますが、そうでない場合にはその子に相続権はありません。

Q. 被相続人よりも前に法定相続人の1人が死亡している場合は、どうなりますか?
A. 被相続人よりも前に法定相続人の1人が死亡している場合、代襲相続が発生する可能性があります。
代襲相続とは、被相続人の子または兄弟姉妹が被相続人の死亡以前に相続放棄以外の理由で相続権を失った場合に、その人の直系卑属(兄弟姉妹の場合は子のみ)がその相続分を相続する制度をいい、被相続人と法定相続人が同時に死亡した場合にも発生します。
代襲相続は配偶者や直系尊属からは発生せず、兄弟姉妹の代襲相続は子の代までに限られるため複雑ではありませんが、子の代襲相続の場合は代襲者である子の子が死亡しており   さらにその子がいる場合には、代襲が続くことになるため、相続人の調査が非常に重要なポイントになります。
ただし、死亡した法定相続人に代襲者がいない場合には、単にその順位の法定相続人が減るという扱いになりますので、この場合は同順位の法定相続人がいなければ、次順位の法定相続人に相続権が移行します。

なお、被相続人の死後に法定相続人の1人が死亡した場合には、死亡した法定相続人の法定相続人がその権利を承継し、被相続人の相続に関わってきます(数次相続)。

Q. 法定相続人の1人が行方不明の場合はどうなりますか。
A. 法定相続人の1人が行方不明の場合には、その人を省いて相続を進めることはおすすめしません。というのも、遺産分割協議は相続人全員の合意によって成立し、1人でも相続人が欠けている状態でなされた遺産分割協議は無効になってしまうからです。
法定相続人の1人が行方不明の場合は、その人の戸籍を取り寄せて附票から現住所を辿ったり、長期間の行方不明が明らかである場合には失踪宣告などの手続きを利用して、相続人を確定してから具体的な相続を進める必要があります。

 以上が、法定相続人についてよくある質問です。法定相続については民法に規定されていますが、誰が相続人になるか難しい場合がありますので、その場合は司法書士等の専門家に相談することにしましょう。

お問い合わせ・ご相談はこちら
トップページへ

関連記事

  1. 法律で定められている相続分について②
  2. クレジットカードが返済できないとどうなるの?
  3. 相続人の中に未成年がいる場合
  4. 消費者金融からの借金が時効で消滅するタイミングって?
  5. 借金の時効成立を狙うのは難しい?②
  6. 法律で定められている相続分について①
  7. 任意整理の手続きの流れについて
  8. 個人再生って何?

Twitter

PAGE TOP