リボ払いの返済が終わらない!

「リボ払いの支払いが終わらない…」
「返しても返しても減らないんだけど…」

リボ払いは、返済期間が長くなればなるほど、高い手数料をとられ、確実に損をします。
ここでは、なぜリボ払いは支払い続けても終わらないのか。リボ払い地獄から今すぐ抜け出す方法についてご説明します。

Q.クレジットカードのリボ払いとはどのような支払い方法ですか。
A.リボ払いとは、ショッピングで利用した分を毎月あらかじめ決められた一定の金額で返済し続ける支払い方法です。
 正式名称をリボルビング払いと言います。
 リボ払いではない通常の分割返済だと、利用金額を定めた回数にしたがって払っていきます。
 例えば10回払いと定めれば、20万円の商品を購入したら月々の返済は2万円、30万円の商品を購入したら月々の返済は3万円となります。
 一方、リボ払いで毎月の支払いを1万円と定めたら、基本的には利用金額がどれだけ多くなっても月々の支払金額(弁済金)は1万円です。
 その代わり返済期間が長くなっていくのです。

Q.リボ払いの返済期間が長くなると、どのようなデメリットがあるのですか。
A.月々の返済金額が上がらないことは一見メリットに見えますが、リボ払いを利用すると手数料がかかり、返済期間が長ければ長くなるほど、支払う手数料が多くなるというデメリットがあります。
 リボ払いの手数料は、ローンにおける利息と同じようなものです。
 手数料は、各カード会社によっても異なりますが、だいたい年率15%~18%程度になります。

Q.リボ払いの手数料の金額はどのぐらいになりますか。
A.手数料の金額は、

 利用残高×手数料率÷365日×30日

という計算式で定まります。
 ここで重要なのが、手数料はもともと借りた元本の額ではなく利用残高に対して発生するという点です。
 つまり、月々の支払い額が少ないと、一向に利用残高が減らず、リボ払いが終わらないということになってしまうわけです。

Q.では、リボ払いを終わらせるためには、どのようにすればよいのでしょうか。
A.リボ払いを終わらせるにはまず次の2つの方法が考えられます。
 ①一括返済をする
 ②毎月の返済額を増やす

Q.でも、「一括返済をしようにもお金がないよ」「毎月の返済額上げるのは厳しい…」など、上記二つの方法を取ることがどうしてもできない場合はどうすればいいですか。
A.リボ払いの返済が終わらず不安に思っている方は、債務整理によって解決する方法がもっとも効果的です。
 債務整理の中でも、リボ払いの借金問題を解決するには、任意整理が適しています。
 任意整理については、こちらの記事(任意整理って何?①任意整理って何?②)を参照して下さい。

 クレジットカードのリボ払いを任意整理する場合、自分で手続きをすることは難しいです。
 任意整理をするためには、債権者(クレジットカード会社)との間で残金の確定と、支払い方法についての交渉をしなければなりません。
 支払い方法の交渉には時間や経験が不可欠です。結局は、債権者の言いなりになって、うまく残債務を整理できなくなってしまうおそれもあります。
 ですので、任意整理をする場合には、債務整理に強い司法書士に相談しましょう。

お問い合わせ・ご相談はこちら

トップページへ

関連記事

  1. 行方不明の相続人がいる場合はどうすればいい?
  2. 相続物件に抵当権が残って入る場合の対処法
  3. エステや語学学校のサービスをやめたい!①
  4. 任意整理の手続きの流れについて
  5. 遺言書がある場合どうすればいい?②(公正証書遺言がある場合)
  6. 法律で定められている相続分について②
  7. 遺留分減殺請求を行う方法と手順①
  8. 遺言書がある場合はどうすればいい?①(自筆証書遺言がある場合)

Twitter

PAGE TOP