被相続人とその相続関係者が同時に死亡してしまった場合

事故等で,被相続人とその利害関係人が同時に死亡した場合、相続関係はどうなるのでしょうか。
今回は、被相続人とその利害関係人が同時に死亡するとはどのような場合か、また同時死亡の場合の相続関係はどうなるのかについて説明しようと思います。

Q.まず、同時に死亡するとはどのようなことなのでしょうか。
A.同時に死亡するとは現実に同時に死亡することを意味するものではありません。
そもそも、すべての死亡の先後関係をはっきりさせることなど不可能であるといえます。
そこで、民法は、「数人の者が死亡した場合において、そのうちの一人が他の者の死亡後になお生存していたことが明らかでないときは、これらの者は、同時に死亡したものと推定する(民法32条の2)」という規定を置いています。
これを同時死亡の推定といいます。
これによって、交通事故等により死亡の時期の先後関係が不明な場合は、同時に死亡したものとして扱っていいよということになるのです。

Q.では、こうして相続関係者が同時死亡と推定された結果、どのような相続関係となるのでしょうか。
A. ここで重要なのは、民法32条の2の冒頭の「相続人は相続開始時に生存していなければならない」という同時存在の原則です。
すなわち、「同時に死亡している=相続開始時に生存していない」と考えることで、その同時死亡している人物同士については、相続権を認めることができないのです。
これはつまり、同時死亡では数次相続とならないことにつながります。

Q. 同時死亡している人物同士については、相続権を認めることができないということですが、具体的にはどのような相続関係となるのですか。
A. 先ほどの親A、Aの子B、Aの孫Cという関係で、AとBが交通事故により同時に死亡したと推定されるケースです。
この時、Bは本来であればAの法定相続人ですが、Aの死亡時に生存していないため、Aの相続人となることができません。これにより代襲相続が発生し、CがAの相続人となることとなります。(代襲相続の要件である「被相続人の子が、 相続の開始以前に死亡したとき(民法887条2項)」との用語から、 以前は、同時を含むとし、同時死亡の場合は、通常の相続ではなく、代襲相続が発生すると、 解釈するのです。)
Bの相続については、もともと直系尊属であるAは第一順位の相続人ではないため問題となることもなくCが順当に相続人となることとなります。

互いに相続権が認められるような関係、例えば夫婦の同時死亡についても同様に考えることができます。
夫Dと妻Eの同時死亡があった場合、DとEは本来であれば互いの法定相続人ですが、同時死亡によって、相互に相続人となることができません。
DE間に子供がいる場合は子供が全ての遺産を相続することとなります。
子供がいなければ、Dの遺産はDの直系尊属→兄弟姉妹の順で、Eの遺産も同様に直系尊属→兄弟姉妹の順で順位が移っていき、一方の財産がもう一方の家系に移ることがありません。
仮にDが先に死亡していたとするならば、EにもDの相続について半分の相続権が認められ、その後、Eの死亡によりその財産がE側の家系に渡っていくことを考えると、同時死亡の推定は利害関係を大きく左右する問題と言えます。

このように
・相続人は相続の開始時に生存していなければならない(同時存在の原則)。
・同時死亡の場合、相続開始時に生存しておらず、相続権が認められない。
・死亡の時期の先後関係が不明な場合は、同時に死亡したものと推定される。
ということになります。
なお、同時死亡の推定が及ばず、被相続人の後に死亡した人物があれば数次相続を考える必要がありますので、こちらの“数次相続と代襲相続”の記事も参考にして下さい。

お問い合わせ・ご相談はこちら

トップページへ

関連記事

  1. 法律で定められている相続分について①
  2. 債務整理って何?
  3. 遺言書がある場合どうすればいい?②(公正証書遺言がある場合)
  4. 財産と負債のどちらが多いのかがはっきりしない場合どうすればいい?…
  5. 任意整理って何?①
  6. 法定相続人でも相続人になれないこともあるの?
  7. 行方不明の相続人がいる場合はどうすればいい?
  8. 相続物件に抵当権が残って入る場合の対処法

Twitter

PAGE TOP