生活保護と自己破産の関係について

借金がある場合は生活保護を受けられないの?
また、生活保護受給者は自己破産することはできないの?
今回は生活保護と自己破産の関係性について説明しようと思います。

Q.借金があると生活保護は受けられないのですか。
A. 借金があっても生活保護を受けることができますし、他の受給者と変わらない保護を受けられます。

Q.それでは、生活保護受給者でも自己破産は可能ですか。
A. 生活保護を受給中に自己破産をしても問題ありません。
なぜなら自己破産をしたことで収入が生まれるわけではないからです。

Q. 自己破産したあとでも生活保護を受けられますか。
A. 生活保護を申請する前に、すでに自己破産をしている場合でも対象者であれば問題なく生活保護を受けられます。
生活保護を受けられる条件としては、

・病気や怪我により働くことができない・働いているが最低限の所得がない。
・収入や収入に代わる資産が一切ない。
・資金面で支えてくれる身寄りがいない。

Q.自己破産をする前に、生活保護費を借金返済にあてようと思うのですが…
A. 自己破産の前に、生活保護費を借金返済にあてようと考える方がいるようですが生活保護費を返済に使うことは望ましくありません。厚生労働省のホームページにもしっかりと以下のように記載があります。
「住宅ローンがあるために保護を受給できないことはありません。ただし、保護費から住宅 ローンを返済することは、最低限度の生活を保障する生活保護制度の趣旨からは、原則として 認められません。(引用:生活保護制度に関するQ&A)」

住宅ローンに限らず、生活保護費で借金を返すことは常識はずれの行為ですので絶対にやめましょう。

以上のように、借金があっても生活保護を受けることはできますし、生活保護受給者でも自己破産することは可能です。
自己破産のメリット・デメリットについては“自己破産って何?”の記事に載せていますので参考にして下さい。

お問い合わせ・ご相談はこちら

トップページへ

関連記事

  1. 遺言書がある場合どうすればいい?②(公正証書遺言がある場合)
  2. 債務整理って何?
  3. 数次相続と代襲相続
  4. 再転相続とは?(発展編)
  5. 相続人の中に外国籍の人がいる場合、また、亡くなった方が外国籍の場…
  6. エステや語学学校のサービスをやめたい!②
  7. 相続人の中に未成年がいる場合
  8. 日本人でも海外に住んでいる場合の不動産売買はどうすればいい?

Twitter

PAGE TOP