日本人でも海外に住んでいる場合の不動産売買はどうすればいい?

 海外在住の方が日本に持っている不動産を売ったり買ったりする場合はどのような手続きが必要なの?
 日本に住んでいる人が売買する場合と比べて必要書類にどのような違いがあるの?
 今回は海外在住の方が日本に持っている不動産を売ったり買ったりするのにどういう登記手続きが必要か説明します。

Q. 買主が海外に住んでいる場合、どのような手続きが必要ですか。
A. 不動産登記の添付書類として、買主の存在証明として通常は住民票を添付します。
しかし、住民票は日本に住んでいなければ発行されませんので、海外在住ですと取得出来ません。
そこで、代替書面が必要になるのですが、その代替書類として「在留証明書」という書類を居住国の日本大使館や領事館で取得します。

Q.では、在留証明書は日本に帰国した際に取得できますか。
A.できません。
在留証明書は「居住国」の日本大使館や領事館で取らなければなりません。
このように、日本に帰国時に在留証明書を取ろうとすると取れませんので、注意が必要です。

Q.在留証明書を取る際には、提出先と使途の記載が必要ですが何と記載すればいいですか。
A.在留証明書を取る際には、提出先と使途の記載を求められますが、提出先は「法務局」、使途は「不動産登記」としておけばいいでしょう。

Q. 売主が海外に住んでいる場合、どのような手続きが必要ですか。
A. まず、登記簿上の住所と現住所が一致する場合から説明します。
海外在住で登記簿上の住所と現住所が一致するということは、購入時も海外在住、今回売却する時も同じく海外在住(同じ住所で)ということです。
この場合の海外在住者の登記手続きに必要な固有書類は、「署名証明書」です。
本来、売主は印鑑証明書を不動産登記の際に添付するのですが、印鑑証明書は前述の住民票と同じく、日本に住んでいない人に対して発行はしてくれません(出来ません)。
ですので代替書面が必要となり、それが署名証明書なのです。
署名証明書も居住国の日本大使館や総領事館で発行してもらうことが出来ます。
具体的には、署名を証明してもらいたい書類に、領事の面前で署名をし、本人であることを確認してもらったら、証明してもらいたい書類に合綴する形で発行してもらえます。
通常は不動産売買の登記手続きは司法書士に委任しますので、司法書士に対する委任状に署名証明書を付けてもらう形になります。

 
Q. では登記簿上の住所から住所移転がある場合は、どのような手続きが必要ですか。
A. まず、住所変更がある場合に日本国内の住所移転では、住民票や戸籍の附票によって、住所の移転履歴を証明することが出来ます。
しかし、日本の住所から外国に行ってしまうと、例えば「アメリカ合衆国○○州へ移転」くらいまでしか記載がありません。

また、居住国の方の住所証明書である在留証明書にも通常は前住所の記載はありません。
これでは、きちんと住所の移転履歴を証明できないのです。
こういった場合には、実務的には「上申書」という書類を作成し、法務局に対して、「住所は繋がっていないけど、この人は売主に間違いないので何卒手続きを進めて下さい、お願いします、本当にお願いします!!」といった内容の書類を添付します。
更に海外の居住国内で住所移転している場合はもっとやっかいで、こういった場合には在留証明書に住所の履歴の記載をしてもらうように依頼しなければなりません。
その場合には住所がどのように移ったかを証明する書類が必要となります。
何も言わなければ通常の在留証明書しか発行してもらえませんので注意してください。
その他、売主側で用意するのは権利証となりますが、これは海外在住だろうとなかろうと変わりはありません。

 以上のように、海外に住んでいる方が不動産売買をする場合、様々はイレギュラーが生じます。
 急な準備をすることはできませんので、司法書士に早めにご相談ください。

お問合せ・ご相談はこちら

トップページへ

関連記事

  1. 相続放棄って何?
  2. 任意整理の手続きの流れについて
  3. 法定相続人に関するよくある疑問
  4. 借金の時効成立を狙うのは難しい?②
  5. 債務整理をした場合、保証人はどんな影響を受けるの?
  6. 相続手続きの流れについて
  7. 遺留分って何?
  8. 相続人の中に外国籍の人がいる場合、また、亡くなった方が外国籍の場…

Twitter

PAGE TOP