借地権を相続した場合どうなるの?

例えば父親が、借地上に建物を建てて住んでいましたが、亡くなったとした場合、父名義のこの建物を相続人である子供が相続して今後も住み続けるには、地主の承諾が必要になるのでしょうか?
今日は、借地権の相続についての疑問にお答えします。

Q.借地権も相続の対象になりますか。
A. 借地権とは、建物を所有するために、他人の土地に設定された賃借権や地上権のことです。
借地権も財産なので、当然に相続の対象になります。

Q. 子供が父親と同居していなかったとしても借地権を相続することができますか。
A. たとえ子供が父親と同居していなかったとしても借地権を相続することができます。「借地権者がなくなったのだから、土地を返してほしい」という地主の要求に応じる必要はありません。
この点、借地上の建物を第三者に譲渡する場合には、必ず地主の承諾が必要になるのとは異なります。

Q. たとえ子供が父親と同居していなかったとしても借地権を相続することができるとのことですが、借地権の相続を聞きつけた地主から、賃貸借契約書の名義書換や名義書換料の請求をされた場合、賃貸借契約書をわざわざ作りなおしたり、名義書換料まで支払ったりする義務はあるのでしょうか。
A. 借地権の相続を聞きつけた地主から、賃貸借契約書の名義書換や名義書換料の請求をされたとしても、賃貸借契約書をわざわざ作りなおしたり、名義書換料まで支払ったりする義務はありません。 
ただし、相続人が2人以上いる場合は、誰が今後借地人となり賃料を支払うのかを地主に内容証明で通知しておくとよいでしょう。

Q.建物の名義は相続人である子供にしておく必要はありますか。
A. そのとおりです。
建物の所有権については、相続登記をしてご相談者名義に変更しておく必要があります。

Q. 相続した借地権が定期借地権の場合も当然に相続することができますか。
A. 相続した借地権が定期借地権の場合も当然に相続することができますが、存続期間が定められていて、存続期間満了すると借地権は消滅し、建物を解体して土地を地主に返さなければなりません。
定期借地権とは、存続期間を50年以上とする借地権で、契約の更新や延長がなく、建物買取請求なども認められていないものです。
念のため、父親と地主との間で交わされた当初の契約書を調べるとよいでしょう。

以上のように借地権は当然相続の対象となり、地主の承諾を得る必要もありません。
ただし、定期借地権の場合は、存続期間満了すると借地権は消滅し、建物を解体して土地を地主に返さなければなりませんので、注意してください。

お問い合わせ・ご相談はこちら

トップページへ

関連記事

  1. 遺言書がある場合はどうすればいい?①(自筆証書遺言がある場合)
  2. エステや語学学校のサービスをやめたい!②
  3. 自己破産って何?
  4. 相続人の中に未成年がいる場合
  5. 債務整理をした場合、保証人はどんな影響を受けるの?
  6. 相続手続きの流れについて
  7. 法定相続人でも相続人になれないこともあるの?
  8. 法律で定められている相続分について①

Twitter

PAGE TOP