相続登記

借地権を相続した場合どうなるの?

例えば父親が、借地上に建物を建てて住んでいましたが、亡くなったとした場合、父名義のこの建物を相続人である子供が相続して今…

相続登記必要書類に有効期限はあるの?

相続登記の必要書類としては、戸籍(除籍、改製原戸籍)謄本、住民票(除住民票)、戸籍の附票、印鑑証明書などがあります。…

財産と負債のどちらが多いのかがはっきりしない場合どうすればいい?

相続放棄するべきかどうかの判断は時として非常に難しいことがあります。財産と負債のどちらが多いのかがはっきりしないことがあ…

相続人の中に外国籍の人がいる場合、また、亡くなった方が外国籍の場合どうすればいいの?

亡くなられた方や相続人が外国籍の場合、どこの国の法律に従って遺産分割や相続登記を行うのかを考える必要があります。今回…

被相続人とその相続関係者が同時に死亡してしまった場合

事故等で,被相続人とその利害関係人が同時に死亡した場合、相続関係はどうなるのでしょうか。今回は、被相続人とその利害関…

相続物件に抵当権が残って入る場合の対処法

不動産を相続させる場合、抵当権抹消の手続きを終えていることが条件です。というのも、抵当権が残っているということは、債…

遺留分減殺請求を行う方法と手順②

前回、遺留分減殺請求を行う方法と手順①で、遺贈と贈与がある場合、どのような順番で減殺するのかについて説明しました。今…

遺留分減殺請求を行う方法と手順①

前回、遺留分について説明しました。そこで、今回は遺留分減殺請求をする場合の方法はについて説明しようと思います。遺…

遺留分って何?

遺産分割協議をした場合、法定相続分と異なる割合で、遺産を分けることができることは以前、説明したとおりです。 では、被…

法定相続人でも相続人になれないこともあるの?

法定相続人は、被相続人が存命中は「推定相続人」と呼ばれ、いずれ相続人になる予定の人として扱われるのが通常ですが、推定相…

さらに記事を表示する

Twitter

PAGE TOP