相続でお困りの方

相続手続きを進めるにあたっては、まず相続人は誰なのかということを確定する必要があります。

その為に、亡くなった人の「死亡から出生に遡る全ての戸籍」を集めなくてはなりません。
しかし、1か所の役所ですべてが揃うというのは稀で、通常は、転籍・分家・婚姻・縁組などによって何回も別の市町村に移転しているという場合がほとんどです。

この場合、過去に本籍を置いていた全ての役所で戸籍を収集する作業が必要となります。
また、古い戸籍には旧字・カナなど、普段あまり目にすることのない文字の記載も多く、手書きのものも多いため、内容を読み取ることが非常に困難です。

当事務所では戸籍の収集に始まり、その後の相続手続がスムーズに進むよう必要となる諸手続きを総合的にお手伝いさせていただきます。

相続登記は、ご自身で手続きすることももちろん可能です。
しかし、もし申請書類に不備があればその都度法務局に足を運ぶ必要があります。
また、法務局は平日しか空いておりませんのでお仕事をお休みしていただく必要もございます。

司法書士に任せて頂ければ、このような時間と労力を使うことはありません。

Twitter

PAGE TOP